2016年6月12日 (日)

近状です

気が付けば、一年以上更新せずに放置してしましました。
ブログにお越しいただいた方々には申し訳ございません。
シーナリーなどは、引き続き、メールでご連絡いただければ、できる限り、一週間以内にリンクをお送りいたします。

さて私の近状ですが、ここ数年は米国で小型機の飛行教官をしています。
Img_1433
Img_1848
Img_2258
Img_2389
あまりいい写真が見つからなかったのですが、ここ数か月で米オレゴン州周辺で撮った写真です。 最近は単発機のセスナ172, セスナ152や双発機のパイパーセミノールに乗ってます。春になって天気も良くなり、仕事に追われて、なかなか趣味でシミュレータを飛ばす時間がありませんでした。フライトシムは私にとって、今していることの原点ともいえるので、また少しずつこのブログも更新していければと思っています。

これからもよろしくおねがいします。

2015年4月21日 (火)

シーナリーなどの公開について

ここ一年ほど、全く更新せずに申し訳ございませんでした。

最近、シーナリーのダウンロードページにアクセスできないというお問い合わせをいただき、ホームページがなくなっていることに初めて気づきました。
もし、神津島空港やDEM10mに興味がある方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
ダウンロード用のリンクを送信いたします。

2014年6月28日 (土)

デフォルトのB737を改良する

B737は、ちょっとフライトしたいなというときに丁度いい機体なので、私のお気に入りです。PMDGの737もほしいなと思っているのですが、ちょっと高いのでデフォルトの737をいまだに愛用しています。

そのデフォルトの737をより楽しめるアドオンを見つけたので、簡単に紹介します。
FSND FSX Boeing 737-800 Upgraded Cockpit V2と調べていただければ、simviationからダウンロードできます。
B737upgrade1
いくつかの追加機能があるのですが、個人的なお気に入りは、ワイパーです。雨が降っているときには、窓に水滴が付き、オーバーヘッドパネルのスイッチでワイパーを作動できます。
B737upgrade3
実機のFMSとは、かなり異なると思いますが、FMSも追加されます。いろいろといじってみると面白いです。
B737upgrade2
ちょっとした機能ですが、PFDとMFDのスクリーンを切り替えることもできます。これは、スクリーンが故障した時に使う機能でしょう。
ほかにも、窓の開閉、GPWS、可動スイッチの追加、スタイリッシュな夜間テクスチャなど盛りだくさんです。

2014年4月21日 (月)

Alaska&Delta航空

週末は、シアトルに行って来ました。自分にとってシアトルは、初めてです。

シアトルといえば、ボーイングではないでしょうか。残念ながら、今回はBoeingの工場などを見学する時間はありませんでしたが、シアトルをハブにしているAlaska航空に初めて乗ることができました。乗った737-900ERも初めての機体です。

seattleAlaska

Alaska航空といえば、おじいさんの顔というイメージがありますが、Disneyの特別塗装など、様々な塗装の機体をもっています。

alaska737900slim

機内は、あのスカイインテリアでした。エコノミーの座席はスリムラインシートでした。これも、初体験です。意見は、分かれるとは思いますが、個人的には、従来の座席のほうが座り心地がいいような気がしました。

日本人にとってあまりアラスカ航空は、馴染みのない航空会社だとは思いますが、西海岸やアラスカでは、多数の路線を持っています。アラスカ航空は、どこのアライアンスにも加盟していないかわりに、様々なメジャーな航空会社と提携しているため、エミレーツ、エールフランス、デルタ、アメリカン、ブリティッシュ、大韓航空などのフライトでAlaskaのマイルをためたり、使ったりできるようです。

pikeplace

新鮮な野菜や、魚、花などを購入できるマーケット(Pike Place Market)

自分は、いつもデルタ航空を好んで使うので、アラスカ運航のデルタのコードシェア便に乗りました。

サービスもよく、感じもよかったので是非また機会があればアラスカに乗りたいですが、最近デルタとアラスカの仲は悪くなっているので、いつまで提携が続くかわからない状態です。今年いっぱいまでではないかと噂されています。

行きは、デルタ航空でデトロイト経由でシアトルに行きました。

detroitairport1

ライトショーでちょっとお洒落な連絡通路でした。(デトロイト)デトロイト市は破産して、大変だと聞きますが、空港内は、そのようなことを思わせるものは何一つありませんでした。

detroitairport2

噴水もあります。デトロイトは、デルタのハブの一つです。デルタ航空で渡米されたことがある方は、デトロイトを使われた方も多いのではないでしょうか。

deltaLuvo

この日は幸い、ファーストクラスにアップグレードされたので、機内食がでました。写真は、マンゴーチキンなんですが、あまりにおいしかったので、シートポケットに入っていたLuvoの案内を持って帰って調べてみました。調べたところによると、デルタ航空は、Luvoという食料品店と提携を始めたらしく、米国内線の一部路線でLuvoの機内食が提供されているようです。エコノミーでもLuvoの軽食が購入できるようです。

アメリカのことについて、ブログにこれだけ書いたのは、初めてだと思うので、あまり興味を持っていただけなかったのではないかと思いますが、またいつか航空会社やマイレージプログラムについて書こうかなと思っています。もし、渡米予定や興味がある方で、航空会社、空港、マイレージなどに関してご質問等ございましたら、コメントなどでご連絡ください。もちろん、フライトシムなどについてのコメントもこれまで通り大歓迎です。

2014年4月14日 (月)

Just Flight L1011 Lockheed Tristar

数か月前のことですが、Just Flight L1011 Lockheed Tristarを購入しました。ちなみに乗ったことはないですが、Tristarは、私の大好きな機体です。

justflightl1011

DVD版には、約100ページのオペレーションマニュアルが付属していました。細かいところまで、よく再現されたアドオンなので、マニュアルは結構重要です。調べたわけではないですが、ダウンロード版には、PDFのマニュアルが付属していると思います。

fsxl1011_1

Just Flightのホームページを確認していただければ、わかりますが、Pan Am、Unitedや今でも現役のRoyal Air Forceのリペイントなどいろいろなバリエーションが含ました。ANAは、10.99ドルのLivery Package 2に含まれています。

fsxl1011_2

コックピットのボタン類も稼働のものが多いです。

fsxl1011_3

航空機関士のパネルもしっかり再現されています。

fsxl1011_4

ちょっと見にくいですが、INSも搭載しています。そんな古いものは使いたくないという人は、GPSを代わりに使うこともできるみたいです。

fsxl1011_5

細かいところまで、よく再現された飛行機ですが、Alt+Eで、エンジンを始動して、難しいことをせずに簡単に飛ばすこともできます。ANAのJumboも引退して、大型機が少なくなってきましたが、やっぱり中型機や小型機にはない魅力がありますね。SkymarkのA380がどうなるのか楽しみです。

«Windows XP サポート終了まで数日